DVD制作で「コピーガード」をつける!

最近は自作のDVD制作でも不正にコピーされたりする被害にあうこともよくあると聞きます。
大切な画像データはコピーガードをつけることで不正コピーがら守ることができるようです。
コピーガード(プロテクト)はDVD制作の専門業者で「ディスクプロテクト(ディスクへのコピーを防止)」「ファイルプロテクト(ファイルごとのコピーを防止)」「不可視プロテクト(Winのエクスプローラーでの操作・閲覧を防止)」などの処理をしてもらえるそうです。
特に企業で使うDVDはそれぞれでプロテクト処理の内容も異なるので、どのプロテクト処理をするか・したいかはDVD制作業者と相談して決めるのがよさそうです。
さて、DVD制作はほとんどが海外でプレスが行われているそうですが、実際には国内でも海外でもどちらも大きな違いはないようです。
ただ、コストから言えば断然海外であることは間違いなさそうです。
海外プレスの多くは台湾などで、納期についても国内プレスにプラス3~4日程度だそうで、もちろん業者のオプションにもなると思いますが特急仕上げもあります。
DVD制作の参考にしてみてくださいね。