「ホームページ」であるための制作は仕事のひとつ?!

ホームページって時には何ページにもわたって出てくるときがあるものです。
だいたい私も1ページ分しか見ないので、「ホームページ」であるには1ページめにいるほうがいいといえます。
これは、自然に決まるものかと思えば、制作過程で道を作らなければいけないようです。
そう、ホームページは制作して、なおかつ進むレールを与えないといけないということでしょう。
それも制作と共に進ませてあげていなければ、後からでは遅いということにもなるようです。
しかも会社が仕事として、発注するべき道づくりであるということが事実だったりします。

それに仕事とするなら、ホームページ制作という経費の運用にも関係することなのです。
でも逆手にとれば、制作してくれる本物を見つけやすくなる素材でもあるといえるでしょう。
実のなるホームページ制作はどこの木を育ててもいいというものではないように、です。
なので、いずれにしても、制作費よりは制作の内容がホームページにはいるというところにつながってきます。
ホームページをひとつの仕事としてみると、この道づくりをおろそかにもできないなと思えます。
せめて制作した分の経費を返せるだけのホームページを制作していくようにもしていきたくもなるものです。